「セウォル号」を運航していた会社のオーナー一族のトップ、兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏の様々な顔

[ソウル 24日 ロイター] - 詐欺事件で収監された億万長者、別名を使いルーブル美術館で展覧会を開いた写真家、宗教団体の創始者──。韓国南西部沖で沈没した旅客船「セウォル号」を運航していた会社のオーナー一族のトップ、兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏は様々な顔持つ。

かつて経営破たんも経験した現在70代の兪氏は、1987年に同氏が率いる宗教団体の信者32人が自殺した事件で、取り調べを受けたこともある。

検察は、16日に起きた沈没事故に関連し、兪氏の自宅を家宅捜索した。

兪氏と同氏家族の代理人を務める弁護士はロイターに対し、検察側から出頭要請はないとし、同氏の知る限りでは、会社の資金繰りに不正はなかったと説明。「兪氏とその家族は、運営会社の大株主として、必要ならば、法的・社会的責任を負う」と語った。

旅客船の運航会社「清海鎮海運」は現在、兪氏の息子2人が経営する持ち株会社が筆頭株主となっている。

検察は清海鎮海運の事務所も捜索。また、税務当局は同社の資金調達に問題がなかったかどうかを調べている。

弁護士は、パリのルーブル美術館で開かれた展覧会にも参加したとことがある写真家の「アへ」が、兪氏と同一人物であることを認めた。アへは自身のウェブサイトで、家族が大戦中に日本にわたり、1941年に自身が京都で生まれたとしている。

またアへは自身について、家財道具や健康関連商品をデザインしたり、発明したりすることにも興味があるなどと記している。

<経営破たん>

兪氏が築いた企業グループは1990年代に急拡大したが、その後、持ち株会社「セモ」が経営破たん。会社資料によると、清海鎮海運は1999年2月24日に設立された。設立日は、裁判所がセモの再建を認める1日前で、同社はセモグループの海運事業の中核となった。

キリスト教福音派の教団を立ち上げた兪氏は1992年、詐欺罪で懲役4年の判決を受け、収監された。裁判の記録によると、兪氏は事業拡大の資金に充てるため、教団信徒の資産を流用したとされている。

兪氏は、1987年にソウル近郊の工場で、同氏の教団の信徒32人が自殺した事件で、取り調べを受けた。ただ、訴追はされず、兪氏は、雑誌のインタビューで事件への関与を否定した。

1999年のインタビューで兪氏は「事件と結び付けられたと考えただけで、侮辱を受けたと感じている」とコメント。

さらに同氏は「小さな村で突然、性的暴行を受けた女性のように感じる。不公平だが、ここ(韓国)の文化でそのことは誰にも話せない。そうなれば、デマが手が付けられないほど広まっていく」と話していた。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うぃきより

兪 炳彦(ユ・ビョンオン、朝鮮語: 유병언、1941年2月11日 - )は、大韓民国の実業家、宗教家。
経歴・人物[編集]
京都で生まれ、戦後韓国に戻った。妻の父がおこしたキリスト教系を自称する新興宗教の傘下団体で牧師として活動していた。
1987年に系列の別の新興宗教団体が所有する工芸品工場で起きた五大洋集団自殺事件をめぐって、「現金を使って信徒を引き抜いた」として1991年に常習詐欺罪で懲役4年の判決を受けた[1][2] 。
その後漢江遊覧船事業を運営する会社を経営していた。1990年代にはセモグループを設立、一時は造船や建設、遊覧船、海運などに進出するほど規模を拡大した。しかし、漢江遊覧船事故で経営難に陥り、1997年に不渡りを出し破綻。1999年に清海鎮海運を設立し、実質的オーナーとなっている。
セモグループは、長男兪大均(ユ・テギュン)と次男兪赫基(ユ・ヒョクキ)が所有している。13の子会社をもち、その幹部のほとんどが兪の率いる宗教団体キリスト教福音浸礼会(別名救援派=クウォンパ)の信徒だといわれる。韓国国内に30以上の関連会社を有し、その資産価値は合計で約5600億ウォン(約552億円)。兪一家の個人資産は株や不動産など約2400億ウォン(約236億円)に達すると推定されている。
国外では「韓国の億万長者写真家」としても知られている。 [1][3][4]


~~~~~~~~~~~~~~~~

『クウォン派』

清海鎮(チョンヘジン)海運の職員相当数がキリスト教福音浸礼会の信徒だと明らかになって目を引く。

セウォル号を運営した船会社、清海鎮(チョンヘジン)海運の実際の所有主であるユ・ビョンオン前三角グループ会長が『クウォン派』と呼ばれるキリスト教福音浸礼会の核心人物と知らされた中、セウォル号のイ・ジュンソク船長をはじめとして役職員のうち相当数がこの宗教団体の信徒だと知らされた。

この日午前あるメディアは清海鎮(チョンヘジン)海運の前職員に会って「清海鎮(チョンヘジン)海運の相当数が『クウォン派』の信徒だと見られる」として「クウォン派信徒ではなくても教育を通じて信徒を作ったりもする」とインタビューに答えた。

セウォル号運航責任者であったイ・ジュンソク船長も入社以後篤いクウォン派信者になった。

だが、清海鎮(チョンヘジン)海運側はこのような疑惑に対して肯定も否定もしなかった。

キリスト教福音浸礼会は1962年、クォン・シンチャン牧師と彼の義理の息子であるユ前会長が設立した。信徒は20万人に達して大韓キリスト教長老会は1992年総会を開いてこの教派を異端と規定した。

正統教団では改心をすれば救済を受けることができるとしているがクウォン派は「罪を悟りさえすれば救済されることができて一度魂の救済を受ければ身体は自然に救済される」と主張する。

一方、仁川(インチョン)地検セウォル号船会社特別捜査チームと国税庁などは現在のユ・ビョンオン前会長一家を含んだ系列会社役職員の横領および背任、脱税、不法外国為替取り引きなどの疑惑を捜査中だ。

韓国日報(韓国語)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






安全を確保して、運営することが必要であるのは誰しも心しておかなければならないだろうが。

亡くなった方々には、ご冥福を祈るほかない、残念なことでもある。

[PR]
by akikomichi | 2014-04-25 17:25 | 日記 | Comments(0)