東郷和彦元外務審議官の祖先は、たしか

東郷和彦元外務審議官の祖先は、たしか、米からの開戦回避的な伝達事項の報告を、日本の時の政府に伝達するのを遅らせ、開戦に至らせた経緯があった気がするのですが、いかがでしたか?

東郷和彦元外務審議官。

あるいは、戦後に自分に害が及ばないように、軍や政府関係者へ責任転嫁する証言をしていたという経緯があったような。

記憶違いであったら、申し訳ありませんが、時の政府や、日本国民にも、真実を伝えないでわざと煽り、日本にだけ無理強いをさせ、我慢ならなくなって戦わせるように仕向けるのは今も変わらないようなら、日本は浮かばれないですね。

大きな犠牲を強いられていたのは、亡くなった人ばかりではございませんが。

外務省内に限らず、反日の勢力の流れは脈々と受け継がれているのでしょうか。

戦後レジームを作ってきたものには、そろそろ、本当のことを言うように、願いたいものです。
いいかげんにしてほしいのです。
日本人にだけ罪をなすりつけ続けるその姿勢は、もう通用しませんよ。
戦争で死ななくても良かった多くの日本人を死に追いやった張本人でもある祖先を持っていることに自覚を持ってもらいたいものです。

[PR]
by akikomichi | 2014-04-24 10:01 | 日記 | Comments(0)