日本の国民の税金を使い国会議員がこのようなことをいって何も働かないとは、ありえない

安倍晋三首相は22日の衆院総務委員会で、中国の上海海事法院(裁判所)が商船三井所有の船舶を差し押さえた問題について「突然の差し押さえは遺憾だ」と述べ、中国に適切な対応を求めた。日本維新の会の中田宏氏への答弁。一方、外務省は同日の自民党外交部会で、商船三井が裁判所側との和解交渉がまとまれば、示談金を支払い、差し押さえを解除したい意向であることを明らかにした。

 訴訟原因は日中戦争前の1936年に結ばれた賃貸借契約で、外務省は自民党外交部会で、今回の差し押さえについて「戦時賠償の請求権を放棄した日中共同声明への明白な違反とまでは言えない」と説明。しかし、議員側からは和解交渉による示談金支払いについて「あしき前例となりかねない」と慎重意見が出た。【福岡静哉】

~~~~~~~~~~~

目線が中国にしか向いていないようで、新聞の偏向報道にも問題は大いにあるが、何を言っているのか、さっぱりわからない、日本の国民の税金を使い国会議員がこのようなことをいって何も働かないとは、ありえない。

このようなことを言う国会議員の名を明かすべきである。誰がいっているかわからないのでは、国民は騙されているようなものである。


[PR]
by akikomichi | 2014-04-23 13:42 | 日記 | Comments(0)