風俗営業の自由などいらない

学校や病院から200メートル以内の地区で風俗案内所の営業を禁じることを定めた京都府の条例が、憲法に反しているかどうかが争われた訴訟で、京都地裁は26日までに、「営業の自由を制限し違憲」とする判決を言い渡した。判決は25日付。
 京都市中京区の繁華街・木屋町で案内所を経営していた京都市の男性が営業権の確認を求め提訴していた。
 栂村明剛裁判長は、府の別の条例では、風俗店を学校や病院から70メートル以上離れて営業するよう定めていると指摘。「案内所が風俗店より、200メートルという大きな距離制限を採用されることには明確な根拠を認めがたい」と指摘した。

~~~~~~~~~~~~~~

風俗営業の自由などいらない。
即刻営業停止してもらいたい。
子どもたちにみせたくない。
真っ向から反対する。
そんな自由などいらない。


[PR]
by akikomichi | 2014-02-26 12:34 | 日記 | Comments(0)