所得税が半分であるという事実が暴露




これが戦後レジームの正体の一部である。

日本人にだけ、税金を押し付ける仕組みを役所の上層部が秘密裏に行ってきたということである。

在日朝鮮、韓国の人で帰化した人などは違う人がおられるだろうが、帰化していない人において、所得税が半分であるという事実が暴露されている。

この三重の件についても、そうであるが、全国的に行われている可能性は否定出来ないので、政府は早急に、この問題に対処するべきである。

この事実を追求しないマスコミ、政治家、言論人は今後一切、信用できない。

戦後の利益を享受してきたものたちの似非正義にはうんざりしている。

其のような似非文化人、政治家、活動家、報道関係者に、右翼呼ばわりされるいわれはない。

これ以上、日本人は押し付けられた馬鹿を見たくないだけである。



所得税を免除されていた者達から、今までの分も含めて、取り返さなければならない。

このことが解決されない限り、日本人はこれ以上消費税等を払う義務もない。

まず払っていないものから没収するなり、支払わせるべきである。

日本人にはそうやってきたのだし、そう決めつけられてきたのだから。

当然、日本人への差別は認められない。

消費税増税は有るまじき行為であり、絶対反対である。


[PR]
by akikomichi | 2014-02-26 11:51 | 日記 | Comments(0)