内容を検証する機関を国会に設置するよう各党に提案

日本維新の会は25日の衆院議院運営委員会理事懇談会で、日本政府がいわゆる従軍慰安婦問題で「おわびと反省」を表明した1993年の河野洋平官房長官談話について、内容を検証する機関を国会に設置するよう各党に提案した。


 元慰安婦の証言の信ぴょう性を確認することや談話の作成過程を調査するためで、各党は持ち帰った。

(2014年2月25日17時59分 読売新聞)

[PR]
by akikomichi | 2014-02-26 00:53 | 日記 | Comments(0)