2012-13年度 自治労 地域・自治体政策集


以下、ミクシィ内にあった記事の転載~~~~~~~~~~



自治労の秘密!実は公務員も在日特権獲得の協力をしていた!自治労は在日に乗っ取られたのかも
2012-13年度 
自治労 地域・自治体政策集 

政策提言 5 差別をなくし人権を守る 

<外国籍市民(住民)> 

【国に対して】 

①外国籍市民(住民)が地方参政権(選挙権、被選挙権を含む)を行使できるように、地方自治法・公職選挙法などの法改正を求めます。 

③ 歴史的経緯のある在日韓国・朝鮮人、中国人への無条件の永住保障、強制退去・再入国許可制度の適用除外と、年金・就職などの生活権を保障するための法・制度の改革を求めます 

⑤ 朝鮮学校無償化の即時適用を求めます。 

【自治体】 
⑦ 1982年に国民年金法の国籍条項が撤廃されたときすでに20歳以上であった障害者、60歳以上であった高齢者は障害基礎年金、老齢基礎年金の受給資格がないままに放置されています。これらの人びとに対する自治体独自の救済策を講じます。 

⑨ 地方公務員採用の「国籍条項」を撤廃し、募集要綱に「国籍を問わない」旨を明記するなど、外国籍市民(住民)に周知をはかるとともに、採用後も差別的取り扱いをしません。 

⑬ 朝鮮学校学生への独自支援の継続および、未支援の自治体への支援即時実施に向けて取り組みます。 

自治労HP政策集 
http://www.jichiro.gr.jp/seisaku/seisakushu/12-13seisakusyu/contents.htm


[PR]
by akikomichi | 2014-02-20 19:58 | 日記 | Comments(0)