フランスの国際漫画祭

韓国の「慰安婦」展示説明会中止に フランスの国際漫画祭、主催者が要請

2014.1.30 14:37

 30日付の韓国紙、朝鮮日報は、フランス南西部アングレームで現地時間30日から開かれる国際漫画祭で韓国が予定している従軍慰安婦をテーマにした企画展をめぐり、地元記者ら対象の事前説明会が漫画祭を主催するフランス側の要請で中止されたと報じた。


 同紙によると、説明会はパリ市内で29日、韓国の趙允旋女性家族相も出席して行われる予定だったが、主催者側が28日に中止を要請し、中止しなければ企画展ができなくなるとの立場を韓国側に伝えたという。


 企画展は韓国の漫画関連団体や女性家族省が計画して30日から2月2日まで開かれる予定。親しみやすい漫画を通じて慰安婦の「被害実態」を国際社会にアピールする狙いという。


 同紙は中止要請の背景について、日本が主催者側に働き掛けたとの情報があると伝えた。(共同)




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


フランスに感謝する。


一方的に日本を貶めることだけが目的では、あまりにも情けなさすぎる。


今後一切、このようなことがないように、願うとともに、朴槿恵氏の父親が当時日本軍に所属していた事実を踏まえて、当時の日本軍にばかり、罪をなすりつけて世界中に吹聴して回るというのは理不尽である「事実」も明らかにすべきである。


己に跳ね返ってくるその言動の「自己責任」をとるべき時が来たのである。


そうして、その責任を取りつつ、今現在においても売春が横行し、軍にかぎらず、女性の権利も男性の権利も踏みにじられている、韓国も己のこととして捉え直していただきたい。


これからは、戦時中にかぎらず、世界中で、買春売春撲滅をめざすべきである。


もっとまともな世界にするべきである。


[PR]
by akikomichi | 2014-01-30 15:48 | 日記 | Comments(0)