国民の消費税上げ 政治屋だけ餅代機密費景気いいこと

昨年7月の参院選で当選した参院議員121人の資産が6日、公開された。朝日新聞の集計によると、自民党議員(65人)の平均資産は5190万円で、2010年参院選で当選し、11年に公開された議員の2倍に上った。全議員の平均は3770万円で、11年の1・25倍だった。

 資産額は定期性の預貯金などの総額と、土地、建物の固定資産税の課税標準額を合計。株式は除いて算出した。普通預金は公開の対象外となっている。

 自民党議員の平均が5千万円を超えたのは、小泉ブームだった参院選の翌02年の公開以来。個人別で1位となった、居酒屋チェーンなどを手がけるワタミグループの創業者で13年に初当選した渡辺美樹氏(比例)の資産額が17億580万円と突出しており、平均を大きく押し上げた。

 日本維新の会(8人)の平均も9174万円に上ったが、個人別で2位だった元モルガン銀行東京支店長で初当選組の藤巻健史氏(比例)の6億6870万円が押し上げた。

 一方、民主党(17人)の平均は1351万円で、11年に比べほぼ半減。他の政党の平均額はそれぞれ、公明党(11人)903万円、共産党(8人)403万円、みんなの党(7人)984万円、社民党(1人)1033万円、結いの党(1人)0円だった。(鶴岡正寛、杉崎慎弥)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


国民の消費税上げ 政治屋だけ餅代機密費景気いいこと
[PR]
by akikomichi | 2014-01-06 13:53 | 日記 | Comments(0)