スノーデン容疑者が監視活動の中止を訴える「クリスマスメッセージ」

【ロンドン共同】英テレビ局チャンネル4は24日、米政府の情報収集を暴露した中央情報局(CIA)元職員、スノーデン容疑者が監視活動の中止を訴える「クリスマスメッセージ」の動画をウェブサイト上で公表した。25日に放送する。元職員がロシア入りして以来、テレビ出演は初めてとみられる。
 元職員はメッセージで、市民が携帯機器をポケットに入れて持ち歩くことにより当局から常に追跡される現代の監視体制は、英作家ジョージ・オーウェルが著作で警告した情報収集とは比較にならないほど高度だと指摘した。

~~~~~~~~~~

監視されたくはないなら、携帯機器を持つなという人もいるかもしれないが。

どこにいても監視されるのには飽き飽きしているのは確かだろう。
[PR]
by akikomichi | 2013-12-25 10:40 | 日記 | Comments(0)