映画『パルヴィズ』

映画『パルヴィズ』を拝見する。

人が突き放された時に起こる事件。

重苦しくも荒い息遣い。

50男のパルヴィズ自身の体重が重くのしかかるせいだけではない、彼の生活の息苦しさと重なる、あえぎのようにも聴こえる。

死は、夜の公園を歩くように、静かにやってくる。

夕暮れの部屋に差し込む薄らぼんやりとした残光を感じているまに、夜は突然やってくるのだ。
[PR]
by akikomichi | 2013-09-23 21:59 | 日記 | Comments(0)