沖縄県・尖閣諸島周辺での中国の挑発行為を非難した米上院決議に謝意

小野寺五典防衛相は21日午前、米共和党のマケイン上院議員と防衛省で会談し、沖縄県・尖閣諸島周辺での中国の挑発行為を非難した米上院決議に謝意を表明した。マケイン氏は「上院の私の同僚は日本の立場を支持すると確信している。この後の訪中で、対話と交渉をもって問題解決に臨むよう説得したい」と述べた。

 防衛相は、尖閣をめぐる日本の対応について「自制的に警戒監視をしていきたい。中国側には事故回避のためのホットライン開設を申し入れている」と説明。マケイン氏は「尖閣周辺で中国艦船の侵入回数が大幅に増えており、平和的解決に一切貢献していない」と語り、中国側への不満を示した。 


時事〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikomichi | 2013-08-21 18:55 | 日記 | Comments(0)