真の平和的解決を望む

 【モスクワ時事】日ロ両政府は19日(日本時間同)、モスクワのロシア外務省別館で外務次官級協議を開き、安倍晋三首相とプーチン大統領による首脳会談を、サンクトペテルブルクでの20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて9月5日に行う方向で一致した。

 次官級協議は、4月の安倍晋三首相とプーチン大統領との首脳会談で北方領土交渉の再スタートで合意したことを受けたもので、日本側から杉山晋輔外務審議官、ロシア側からモルグロフ外務次官が出席した。

 冒頭、杉山氏は「先人の努力と成果を踏まえ、これまで以上のスピード感で全力で協議を行いたい」と強調。モルグロフ氏は「平和条約交渉の主な出発点や在り方について意見交換することを期待する」と述べた。

 懸案の領土問題で日ロ首脳は、4月の会談の際に「平和条約が締結されていない状態は異常」とする共同声明を発表、両国外務省に対して交渉加速を指示した経緯がある。 
[PR]
by akikomichi | 2013-08-19 23:08 | 日記 | Comments(0)