金のなる文句

 内閣府は、2014年度の沖縄振興予算について、今年度比で最大500億円程度上回る額を、今月末に締め切られる概算要求に盛り込む方針を固めた。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で政府として仲井真弘多(ひろかず)知事の理解を図る狙いがある。

 仲井真氏は今月7日、山本沖縄相との会談で14年度予算に関し、今年度並みの振興予算(3001億円)を確保した上で、那覇空港(那覇市)の第2滑走路整備費や、使途の自由度が高い一括交付金の予算増額などを求めた。

 内閣府は、上乗せ分を、概算要求基準で成長戦略や防災関連分野などに認められた「新しい日本のための優先課題推進枠」として要求する方針だ。滑走路整備費は300億~400億円程度と見込み、総額で最大約3500億円になる見通しだ。

〜〜〜〜〜〜〜

一体何に使っているのか。
金をもらう方とやる方の毒性。
文句を言えば言うだけもらえる構図。
基地の近くが不気味なことに中国系に買い取られているならば、その税金が中国に流れていく悪循環を生むのではないのか。文句を言って、現地の人には何も関係のない、外資に入るという構図が生まれているのではないのか。
戦後の悪しき構図。をどうにかしないと日本は新しい国になどならない。
[PR]
by akikomichi | 2013-08-19 07:54 | 日記 | Comments(0)