国民にかえせ。

国から各政党に交付される、ことしの政党助成金について、参議院選挙を受けてNHKが試算した結果、大勝した自民党は、およそ5億円増えて150億円余りとなる一方、大敗した民主党は、およそ8億円減って77億円余りとなりました。

政党助成金は、国民1人当たり250円にあたる総額およそ320億円が、所属している国会議員の数や過去の国政選挙の得票に応じて、総務大臣に届け出た政党に割りふられて年に4回交付されており、国政選挙のあとは交付額を算定し直すことになっています。
NHKは、参議院選挙の結果に基づき、ことし各党に交付される見込み額を試算しました。
それによりますと、参議院選挙で大勝した自民党は、5億1100万円増えて150億6200万円となりました。
これに対し、大敗した民主党は7億6000万円減って77億7300万円となりました。
日本維新の会は2億3900万円増えて29億5500万円。
公明党は1600万円増えて25億7400万円。
みんなの党は2億3700万円増えて20億2700万円。
生活の党は2800万円減って7億8700万円。
社民党は4600万円減って4億9400万円。
新党改革は900万円減って1億1500万円となりました。
一方、みどりの風は、政党助成法上の政党要件を満たさなくなったことから、来月分以降は交付されない見通しです。
また、共産党は政党助成金の制度に反対し受け取っていません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今までの助成金があれば、増税などいらないだろうに。
あまりに桁がかけ離れている。
国民を馬鹿にするな。
[PR]
by akikomichi | 2013-07-24 06:40 | 日記 | Comments(0)