歴史捏造への怒り

 橋下徹・大阪市長が言及した慰安婦問題に限らず、竹島領有問題などで「歴史認識問題」はなぜ繰り返されるのか。これまで日本はいつも歴史を捏造する「悪者」にされてきた。しかし実際には、韓国は日本を批判するために自国の歴史教育を嘘と作り話で固めてきた。韓国の歴史認識について、作家の井沢元彦氏が解説する。

 * * *

 朝鮮王朝つまり李朝500年とは何だったかといえば、中国への朝貢国として隷属しそのコピーでなければいけなかった時代である。こうした時代、民族独自のものは徹底的に弾圧された。

 ところが近代国家になるとコピーであることよりもオリジナルなものが求められることになった。そのため韓国が走ったのがかつては中国のコピー国家であったという前歴を隠し、「あらゆるものは韓国起源である」つまり外国から嘲笑混じりに「ウリジナル」と揶揄される主張の道である。これも歴史捏造には変わりない。

 そこに韓国の国内事情が拍車をかけた。現在の韓国大統領は初の女性大統領の朴槿惠氏だが、その前任者李明博大統領から前任者を4、5代遡ってみると、すべて本人か近い親族が汚職に関する罪で逮捕されている。盧武鉉大統領に至っては逮捕直前に自殺している。また李明博前大統領の実兄も収賄罪で逮捕されている。

 なぜこんなことが何代にもわたって続くかといえば、韓国は未だに儒教社会であり国よりも一族を重んじる慣習があるからだが、こうした事に対する不満をそらすために使われるのが「悪役」日本である。

 李明博前大統領が典型的で、就任当初は日韓関係について未来志向と言っていたのに、自分の足元が危うくなると竹島に上陸したり天皇への謝罪を要求するなど、強硬な行動に出た。こんな強硬な行動が、支持率回復の特効薬になってしまっているのだ。だから歴史改竄はやめられないということにもなる。

 また現在も行なわれていることだが、中国も韓国も、日本が戦後膨大な援助をして鉄道や空港などのインフラ整備に努めたこと、技術援助をしたことなどを国民に知らせていない。

 

 特に韓国については近年は日韓通貨スワップ協定締結によって韓国の経済的破綻を何回か救っているのだが、韓国のマスコミはこれを正当に評価せず、その結果韓国人は当然感謝もしていない。これも事実の歪曲であると言えよう。こうして事実の歪曲は歴史の歪曲となって積み重なっていくことになる。

※SAPIO2013年8月号〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

>こうして事実の歪曲は歴史の歪曲となって

こういう見方もある。
韓国のように今を見ようともしないものたちに未来などあるはずもない。
歴史を捏造し湯水のように金をもらい続けながら感謝もしないものたちに未来などあるはずもない。

日本人は震災前後から心底怒っている。

震災の前後、容赦なく竹島や尖閣を我が物にしようと船で責め立ててきた中国韓国の愚行を決して日本人は忘れない。

忘れたふりかごまかしかは知らぬが被害者面して世界にアピールするつもりでも、そこが知れている。

民団と韓国系の青年団とが中心になってデモをして日本の印象を悪くする操作をしていたりするなら尚更、日本人は怒り続けるであろう。

北海道の水源や沖縄の基地周辺の土地を買い漁る中国人や、パチンコマネーによる買いあさりとゴリ押しの韓流のテーマパークなど、日本のあちこちを侵略されている事実を知っているからである。
その怒りを見ようともせず、自分たちの「人権」があるから買いあさりというなの侵略を怒ってはいけないなどと、下手にごまかすとろくな事にはならない。
怒っている人たちの「人権」も有るのである。
なんで怒っているかをよく考えろ。
利権を貪ってきたのはどこのどいつだ。
権利を貪ってきたのはどこのどいつだ。

またカジノ利権に食いつこうとしているものはどこのどいつだ。
カジノをする、マネーロンダリングする自由も有るというのだろうな。
誰にでも人権があるからだと。

ふざけるな。
[PR]
by akikomichi | 2013-07-15 21:57 | 日記 | Comments(0)