ロシア海軍の艦艇7隻が、北海道の宗谷海峡を通過したことを確認

防衛省は15日、ロシア海軍の艦艇7隻が、北海道の宗谷海峡を通過したことを確認したと発表した。

 領海には侵入しなかった。同海峡では14日、中国軍の艦艇の通過が初めて確認されたほか、13日にはロシア軍の16隻が通過するなど中露軍の動きが活発化しており、同省が動向を注視している。

 同省統合幕僚監部によると、14日午前7時頃、宗谷岬の西南西約200キロの海域で、海上自衛隊のP3C哨戒機が、ロシア海軍のフリゲート艦や戦車揚陸艦など7隻を確認。その後、同日午後11時~15日午前1時に同海峡を通過した。15日は、日本海などでロシアの爆撃機や電子偵察機の飛行が確認され、空自の戦闘機が緊急発進して対応した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

頭に水ぶっかけられても、氷を口に入れられても、煮え湯を飲まされても、仲良くしようといえるのか。
口先では、いうことは言えるだろうが。
レイシズムを許さないと言っているうちは、仲良くなるわけもなく、憎しみを深めるだけであろう。
そうやって内部から壊していくうちに、外部を呼び込んでいくのだろうが、そなたは利用され、今よりも奴隷になるだけであろう。
[PR]
by akikomichi | 2013-07-15 19:14 | 日記 | Comments(0)