露骨な日本外し、排外主義に動く韓国

米中韓戦略対話22日か=韓国紙
 【ソウル時事】韓国紙・ソウル新聞は10日、北朝鮮問題などをめぐる米中韓戦略対話が22日ごろソウルで開催されると報じた。官民合同の枠組みで、6カ国協議の次席代表や専門家が参加する見通しという。
 米中韓戦略対話は、中国の役割を重視する朴槿恵大統領の肝煎りで進められている構想。尹炳世外相は6月の国会答弁で、「日本を排除する目的ではない」との見解を示した。当初、6月末に開催する方向で調整されていたが、日程がずれ込んでいる。(2013/07/10-12:28)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日本では在日の人達と結託し、韓流ゴリ押しをしながら、金に物を言わせていらない韓流てーまぱーくやパチンコ施設を作り、それらに抵抗してもいる人達がデモをするとへいとすぴーちをされたとあおって被害者面をする。

どちらが被害者か、排外主義者かよく考えてほしい。

こどもを車に放置してまで狂い、昼間から働きもせず、日本人の血税から生活保護費を流用され垂れ流されたりもしているパチンコなどいらないし、韓流は自国で思う存分、流行らせればいい。
わざわざ、日本の大阪でしなくてもいい。
ゴリ押しは、もううんざりなのである。

その一方で、こういった米中韓戦略対話というなの日本外しを平気でし、今現在されている日本の竹島に対する侵略をやめようともしない尋常ではない被害者面に神経を疑う。

中国の尖閣侵略、東シナ海油田無断開発もしかり。

日本も、このような横暴には強く抗議し、考えなおさねばならないであろう。

震災前後の日本に対しての韓国基督教の牧師の言った「天罰発言」と、それにつらなる竹島に関する侵略行為、対馬の仏像を窃盗しながら返還しない横暴。
中国の日本企業や日本人に対する排外主義的暴力破壊行為と、日本企業への倍賞無視、尖閣侵略行為と東シナ海での傍若無人な振る舞い。
隣国のあまりにむごい仕打ちを、決して日本人はわすれないであろう。

被害者面した、ごまかしはもう効かないのである。
[PR]
by akikomichi | 2013-07-10 17:43 | 日記 | Comments(0)