通信情報を傍受

【ロンドン時事】英紙ガーディアン(電子版)は21日、英情報機関、政府通信本部(GCHQ)が、光ケーブルのネットワークにひそかにアクセスし、電話の音声や、個人の電子メールの内容など、膨大な通信情報を傍受していると報じた。
 先に米国家安全保障局(NSA)による個人の情報収集活動を暴露した元米中央情報局(CIA)職員のエドワード・スノーデン氏が同紙に提供した文書によって明らかになった。GCHQによるこの情報収集活動は「テンポラ」と名付けられ、1年半前から始まったとされる。得られた情報はNSAと共有していたという。
 同紙によれば、傍受は北米と欧州の間で電話の音声やネット情報をやりとりする光ケーブルに装置を取り付けるなどして行っていた。最大30日分のデータを蓄積することもできる。秘密裏の契約により民間企業も関与しているという。 

時事〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日本でもやってるんじゃないでしょうかね。。。その昔から。。。
[PR]
by akikomichi | 2013-06-22 20:58 | 日記 | Comments(0)