ソープランド+パチンコ+金融

【衝撃事件の核心】

 江戸時代の遊郭の流れをくむ東京・吉原で最大級のソープランド店グループを陰で牛耳っていたのは、在日韓国人界の大物だった。グループが売春で得た売上金の一部を受け取っていたとして、警視庁保安課は今月、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で、名古屋市名東区、信用組合愛知商銀前理事長、権東鉉容疑者(76)ら韓国籍の3人を逮捕した。周囲に「趣味はゴルフと金もうけ」とうそぶいていたという権容疑者。パチンコ店グループの創業者として成り上がり、金融機関での表の顔を隠れみのに風俗界の裏側にも手を広げていった。(荒船清太)

 ■パチンコ店店員から在日韓国人界の重鎮に

 権容疑者の原点は、パチンコ店の一店員から経営者にまで上り詰めた約40年前にさかのぼる。

 捜査関係者によると、独立開業したパチンコ店グループ「キング観光」の店舗数を中部地方で急激に拡大。その実績を買われて約20年前に愛知商銀の理事、平成12年には理事長となり、20年には在日韓国人系の信用組合を束ねる「在日韓国人信用組合協会」の会長にも就いた。

 在日韓国人界の重鎮として同胞からも一目置かれる存在となり、愛知商銀の経営に携わるのと同時にパチンコ店グループの経営を親族らに譲り渡したが、“商売”への情熱が衰えることはなかった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なぜ愛知商銀の理事が此のような組織犯罪に手を染めるのか。
パチンコの合法化には断固反対であるが、商銀自体がこれでは、裏から表になるだけと言わざるを得ず、これでは日本の国民の稼いだ資金や税金まで突っ込まれ、日本そのものが金により乗っ取られ、弱体し、衰退するだけである。
[PR]
by akikomichi | 2013-05-19 13:02 | 日記 | Comments(0)