旧朝銀系信組が流出隠蔽 

 中部地方の旧朝銀系金融機関「イオ信用組合」(本部・名古屋市)が管理する組合員らの大量の個人情報が、ウイルスに感染したパソコンからインターネット上に流出したにもかかわらず、顧客に事実関係を隠蔽(いんぺい)していることが20日、金融庁関係者らへの取材で分かった。顧客の預金残高や融資先の調査内容を含む数万件が漏洩(ろうえい)したとみられるが、平成18年に報告を受けた金融庁も行政処分を公表していない。



 当時は中央省庁や警察などで同様のネット流出が相次ぎ、情報管理のあり方が社会問題になっていた。個人情報保護法に基づく金融庁のガイドラインでは「情報漏洩は早急に公表する」としており、これに反した同庁と信組の対応に批判が集まりそうだ。

 関係者によると、流出したのは顧客の住所、氏名、口座番号、預金残高や顧客名簿、法人への融資実行状況を調査した資料など。正確な件数は不明だが信組が管理する顧客情報のほぼすべてとみられるという。

 信組本部の預金・融資業務担当者が顧客データを保存したパソコンにファイル共有ソフト「ウィニー」をダウンロードし、ウイルスに感染したことが原因。役員と一部職員が18年9月に流出を確認し、金融庁にも報告した。

しかし、両者とも外部には公表せず、顧客にも説明していない。金融庁の当時の担当者と信組役員らが、マスコミから取材があっても流出を認めず、信組内部でも箝口(かんこう)令を敷くことを申し合わせたとの情報もある。

 関係者によると、公表することで逆に流出情報が悪用される二次被害のリスクが高まったり、顧客が窓口に殺到して混乱が起きたりするのを恐れたためとみられる。情報流出についてイオ信組は「取材は受けない」、金融庁も「答えられない」としている。

 イオ信組は朝銀中部信組が前身。13年11月、ずさん経営で破綻した朝銀愛知、福井の事業譲渡を受け、預金保険機構から約900億円の公的資金を贈与された。23年度の組合員数は約2万5千人、預金残高は約1083億円。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それにしても、公的資金贈与とはどういうことなのであろうか。
朝鮮系信用組合とは、結局、日本人の税金横取り組合なのであろうか。
[PR]
by akikomichi | 2013-02-21 11:48 | 日記 | Comments(0)