「法の支配」

 【ジャカルタ時事】安倍晋三首相は18日午後(日本時間同日夜)、インドネシアのユドヨノ大統領との会談後に行った共同記者会見で、「法の支配」の下で海洋の安定を図ることを柱とする日本の東南アジア諸国連合(ASEAN)外交5原則を発表した。沖縄県・尖閣諸島周辺や南シナ海で、権益拡大をにらみ活発な動きを見せる中国を強くけん制した内容だ。

 5原則は、(1)普遍的価値の定着と拡大(2)法が支配する海洋をともに守る(3)経済連携の強化(4)文化交流の拡充(5)若い世代の交流促進。このうち海洋安全保障については、「力でなく法が支配する、自由で開かれた海洋は公共財で、これをASEANとともに全力で守る」と提起し、米国のアジアへの関与を歓迎する方針も示した。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とてもいいことだと思います。
このまま継続継承していくことで安全を確保し、揺るぎない信頼関係、確固たる礎となることが望まれます。
[PR]
by akikomichi | 2013-01-19 09:43 | 日記 | Comments(0)