売国奴

通信大手の「ソフトバンク」は、今月1日に子会社化した携帯電話会社「イー・アクセス」の議決権のある株式の67%を海外の通信機メーカーなどに売却し、みずからの比率を3分の1未満に減らす方針を固めました。

ソフトバンクは、今月1日、国内4位の携帯電話会社「イー・アクセス」のすべての株式をおよそ2200億円で取得して子会社化しました。
しかし、関係者によりますと、ソフトバンクは、イー・アクセスの議決権のある株式のうち67%を、韓国のサムスン電子やスウェーデンのエリクソン、それに国内のリース会社など11社に売却する方針を固めたということです。
売却額は、全体でおよそ十数億円程度で、ソフトバンクはイー・アクセスの筆頭株主ではあるものの、議決権の比率は3分の1未満に減ることになります。
ソフトバンクによるイー・アクセスの買収を巡っては、携帯電話に使われる電波の周波数が1つのグループに集中するという批判も出ていたことから、今回の株式の売却でこうした批判をかわすねらいもあるものとみられていて、企業の買収を巡り異例の対応がとられる形となりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

やることが表に見えてきた具体化してきた売国奴行為。
韓国の企業などに売り飛ばすための買収とは露骨過ぎる。
日本のためにならない裏切り行為である。
どれだけ日本人を愚弄すればいいのか。
許されざる行為である。
外国につつぬけになる。
スパイ行為と捉えかねられない行為である。
日本におけるプラチナバンドの使用も韓国に持っていかれるということにつながり、その使用許可の権利を日本国民に返すべきである。
韓国に子会社を作ってそこに徐々に拠点を移していく可能性もあり油断ならない。
民団の新聞などの広告宣伝などで問題になっていた、在日朝鮮人の人たちに優遇措置をしていた料金設定問題も有耶無耶のままであり、日本の司法の取締強化が望まれる。
これでは、日本のものとして大多数がソフトバンクをやめなければならないであろう。
[PR]
by akikomichi | 2013-01-12 08:39 | 日記 | Comments(0)