軽水炉建設と核実験を準備中の豊渓里(プンゲリ)地下坑道の建設にも韓国の資材と装備が使われる

北朝鮮が長距離ロケットを打ち上げた平安北道(ピョンアンブクド)の東倉里(トンチャンリ)基地と寧辺(ヨンビョン)核団地施設工事に韓国の重装備と資材を使ったことがわかった。韓国政府当局者は16日、「北朝鮮が東倉里に新しいロケット発射場を作りながら、韓国から搬入したクレーンやフォーククレーン、ダンプトラックなどを使った情況を韓米の情報当局が確認したものと理解する。この装備は咸鏡南道(ハムギョンナムド)琴湖(クムホ)地区の軽水炉発電所建設と水害復旧用に北朝鮮に送ったものと確認された」と明らかにした。西海岸にある東倉里基地は東海岸側の咸鏡北道(ハムギョンブクド)舞水端里(ムスダンリ)基地に代わり2009年に近代的設備で完工した。

当局者は、「衛星収集情報などを通じて北朝鮮が軽水炉工事現場から韓国の建設業者の資材と装備を持ち出した事実が明らかになった」と説明した。2001年から始まった韓半島エネルギー開発機構(KEDO)の軽水炉建設工事で主契約者だった韓国電力は2006年1月に工事中断で撤収した際、韓国業者の重装備93台とダンプトラックなど車両190台を置いてきた。6500トンの鉄筋とセメント32トンも残してきた。

当時北朝鮮が455億ウォン相当に達する韓国側の装備・資材の搬出を拒むと、KEDOは資産保護のために封印措置をした。北朝鮮が勝手に使えないよう装備をシートで覆い施錠した。これに対して盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は、「北朝鮮がしっかり保管すると約束した。これを守るだろう」と明らかにしたが、北朝鮮はすぐにこれを無断搬出した。盧武鉉政権は同年8月に北朝鮮の水害復旧を名目に掘削機50台とペイローダー60台、8トンダンプトラック100台を送った。

北朝鮮が独自に寧辺に作っている10万キロワット級軽水炉建設にもこの装備を使ったことがわかった。情報当局はまた、核実験を準備中である豊渓里(プンゲリ)地下坑道の建設にも韓国の資材と装備が使われた可能性があるとみている。

当局者は、「北朝鮮が李明博(イ・ミョンバク)政権になっても水害物資を要求し、住民が必要とする食糧・医薬品より重装備とセメントを大量に求めるのはこのような必要性のため」と話した。

軽水炉工事の際に投入され施工方法と技術を習得した北朝鮮の労働者らが寧辺の軽水炉建設に動員された情況も把握された。当局者は、「完工後の運営段階では韓国側で教育を受けて行った専門家らが参加するものとみられる」と話した。

金大中(キム・デジュン)政権は2001年12月に19人の北朝鮮の核専門家に蔚珍(ウルチン)原発、原子力教育院、斗山(トゥサン)重工業などを見学させた。また、翌年6~7月には2度にわたり154人の北朝鮮技術者が軽水炉運転とコンピューター整備、炉心管理などの教育を受けて行った。北朝鮮消息筋は、「当時金日成(キムイルソン)大学と金策(キムチェク)工科大学の核・物理関連人材が教育を受けて行った」と伝えた。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どうやら、朝鮮半島の共同作業における、軽水炉と核実験を準備中である豊渓里(プンゲリ)地下坑道の建設のようである。
韓国のポーズである。
ロケットというよりも、「ミサイル」打ち上げも韓国より、北にやらせたほうがやりやすいので表ではそういうことにしている可能性が大きい。
韓国も打ち上げる気満々であるから、同じことである。

戦争を日本に仕掛けているのは、近隣諸国であるのが、これを見るだけでもわかる。
韓国の右翼が、北朝鮮にミサイルを撃たせると日本に来てまで叫んでいたというから、信ぴょう性が増した朝鮮半島情勢である。
もちろん、中国もその後ろにいる。
他にもいる可能性はもちろんあるが。

(自称)日本人も多い反原発の方々は、近隣諸国のこの危ない動きを知ってか知らずかはよくわからないが、もし知っているなら、質が悪い売国奴といえよう。

ところで、情報も入りやすいであろう孫正義氏が日本で地下施設を作っているという話もあったが、核シェルターでも作っているのだろうか。
もしそうであるなら、反原発の影に半島中国勢力ありである。
孫氏には、はっきりと答えてもらいたい。
あなた一体なにがしたいのか。
[PR]
by akikomichi | 2012-12-17 11:48 | 日記 | Comments(0)