未臨界核実験

 【ワシントン=中島達雄】米エネルギー省の核安全保障局(NNSA)は6日、米西部ネバダ州の地下核実験場で5日に未臨界核実験を実施したと発表した。

 米政府による未臨界核実験は27回目で、昨年2月以来1年10か月ぶり。オバマ大統領が先月、再選を決めてからは初めて。

 高性能火薬を爆発させ、衝撃波によるプルトニウムの反応を調査し、米国が保有する核兵器の有効性や安全性を確認するのが目的。オバマ政権は「核兵器なき世界」を提唱しているが、核実験全面禁止条約(CTBT)は未臨界核実験を禁止していないとして、2010年9月に約4年ぶりに実施した。オバマ政権下の未臨界核実験はこれで4回目となった。

読売〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

くだらない世界。見せかけの世界。なぜ今実験をするのか。地殻に影響を与えているのではないのか。
おかしすぎる。矛盾がある。まさしく分裂状態である。
[PR]
by akikomichi | 2012-12-07 19:54 | 日記 | Comments(0)