竹島を売ろうとした議員が

 無所属の土肥隆一衆院議員が昨年3月、竹島の領有権主張を中止するように日本政府に求めた宣言文を韓国国会議員と発表した問題の責任を取り、民主党を離党していたにも関わらず、衆院会派「民主党・無所属クラブ」は16日午前、入会届を衆院事務局に提出した。

という。

 竹島領有権について、日本のためには働かず、内容をよく知らないでサインをしようとしたという無責任極まりない議員である。

 彼は日韓キリスト教系議員として参加していたと聞くが。

 そもそも議員を辞めるべき行為であったにもかかわらず、民主党無所属議員としてまた選挙に向けて動いているとしたら、あまりにも国民を愚弄した動きであり、決して許されない。
[PR]
by akikomichi | 2012-10-16 15:16 | 日記 | Comments(0)