理不尽な侵略は阻止するべき

 29日に訪米する野田佳彦首相とオバマ米大統領との首脳会談後に公表する共同声明に、自衛隊と米軍の連携を一層強化する「動的な日米防衛協力」を明記することが固まった。中国が海洋進出を図る南西諸島などを念頭に、日米がともに警戒監視活動に当たり、米軍や自衛隊施設の共同使用の促進なども盛り込む。

 首相は29日から5月2日までの日程で、ワシントンを訪問。30日(日本時間5月1日未明)に日米首脳会談に臨む。2009年9月の民主党政権発足後、首相の公式訪米は初めて。

 首脳会談でまとめる共同声明は、日米同盟を「アジア太平洋地域の安定と繁栄の公共財」と位置付け、同盟深化を確認。両国が協力して同地域における秩序づくりに当たる姿勢を明確にする。 

時事〜〜〜〜〜〜〜〜

日米がともに警戒監視活動に当たり、米軍や自衛隊施設の共同使用の促進で、国を護ると言うことが出来るなら、進めるべきである。

如何なる国であろうと、我が国や周辺諸国における、理不尽な侵略は阻止するべきである。
[PR]
by akikomichi | 2012-04-26 18:54 | 日記 | Comments(0)