地対艦ミサイル

[ソウル 30日 ロイター] 韓国の朝鮮日報紙は30日、韓国軍事関係者の話として、北朝鮮が29日に2発の短距離ミサイルを試射していたと伝えた。

それによると、北朝鮮は29日朝、地対艦ミサイルとみられるミサイル2発を西部沿岸地域から発射した。

同紙は韓国当局者の話として「ミサイルの能力増強を目指したもので、長距離ミサイルの発射とは直接関係がなさそうだ」と伝えた。

一方、中央日報も、同じ内容のニュースを伝えている。

〜〜〜〜〜〜〜〜

このような軍人の発言であるならば、韓国は切羽詰まっていないというより、むしろ同化しているように見え、半島周辺諸国にとっては半島全体が危険地域と見なされる事態といえ、警戒が必要である。
同様に、日本国内の半島系組織に対しても、警戒が必要なのは言うまでもない。
[PR]
by akikomichi | 2012-03-30 12:48 | 日記 | Comments(0)