小型高速船で未明上陸、韓国人男女7人密航容疑



小型高速船で未明上陸、韓国人男女7人密航容疑


 第7管区海上保安本部(北九州市)と大阪府警は19日、韓国からの密航者や密航の仲介をした韓国人の男女計7人を入管難民法違反(営利目的の集団密航助長など)容疑で逮捕した、と発表した。


 同本部の発表によると、7人は仲介した無職鄭舜晧(42)、ホステス梁英美(46)の両容疑者(いずれも名古屋市在住)ら。鄭容疑者は昨年6月30日夕、韓国南部で小型高速船に女性3人(45~51歳)を乗せ、同7月1日未明に山口県下関市の小串漁港に不法上陸させた疑い。

 梁容疑者は千葉県柏市と大阪市の韓国人女性2人(32、53歳)を同船で出国させるため、同漁港まで車で運ぶなどした疑い。

 女性たちは1人50万~100万円の報酬を支払っていたという。同本部は鄭、梁両容疑者は密航請負組織の一員とみている。大阪府警が昨年10月、不法上陸した3人のうちの1人を不法在留の疑いで逮捕し、集団密航が発覚。3人はすでに全員逮捕、起訴され、有罪判決を受けた。

(2012年3月19日21時08分 読売新聞)
[PR]
by akikomichi | 2012-03-20 00:17 | 日記 | Comments(0)