中国人船長を強制起訴=尖閣沖漁船衝突事件

 沖縄県・尖閣諸島沖で2010年に起きた中国漁船衝突事件で、不起訴処分となった中国人の※(※=簷の竹カンムリなし)其雄船長(42)について、検察官役の指定弁護士は15日、那覇検察審査会の起訴議決を受け、公務執行妨害、建造物損壊、外国人漁業規制法違反罪で強制起訴した。

 強制起訴は兵庫県明石市の歩道橋事故、JR福知山線脱線事故、小沢一郎民主党元代表の収支報告書虚偽記載事件などに続き、5例目。

 事件は10年9月7日、尖閣諸島の久場島沖の海上で発生。同船長はトロール漁船を、石垣海上保安部(沖縄県石垣市)の巡視船「みずき」に衝突させ、保安官の職務を妨害したとして、同保安部に翌8日、公務執行妨害容疑で逮捕されたが、那覇地検は同月、処分保留のまま釈放。その後、2度にわたり不起訴(起訴猶予)処分としたため、同審査会が昨年7月、起訴すべきだとする2回目の議決(起訴議決)をしていた。 

時事〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikomichi | 2012-03-15 12:25 | 日記 | Comments(0)