自主上映映画のご案内

お知らせが参りましたので転載させていただきます。

特に若い人に良い悪い抜きで見てもらいたいのは、日本には色々なことがあり、みせかけばかりのもので単純に決めつけないようにしてほしいということ。
自分探し等ではなく、根を張ったものも、またそこにある意味が見えてくる場合があるので、色々、見てほしいと思っています。
自分もまだまだ知らないことばかりなので、いえたことではないですが。
色々なことを見てもいないで、決めつけられることには、死んでも抵抗します。


各位

日時計の丘から、3月の自主映画上映会のお知らせです。

19回目となる今回は、山口県上関町祝島の島民の暮らしと原子力発電所建設反対運動を
記録した「祝の島ー1000年先にいのちはつづく」を上映します。


■シリーズ『記録映画のアクチュアリティ② 間隙の思考― TV制作と自主映画制作との間で』

日時 平成24年3月30日(金)
場所 日時計の丘 (福岡県福岡市南区柏原3-34-41) http://hidokei.org/access.php

開場   19時
  
上映開始
19時30分~  『祝の島ー1000年先にいのちはつづく』 (2010年/105分/ポレポレタイムス社)
              
   <監督:纐纈(はなぶさ)あや プロデューサー:本橋成一 撮影:大久保千津奈(KBC映像)>
   第19回 JSC賞(日本映画撮影監督協会)受賞
             
21時20分~ ディスカッション    ゲスト:撮影 大久保千津奈 さん 


4年ほど前になりますが、「祝の島」撮影途中のラッシュを40分程見せていただく機会がありました。
原子力発電所の反対運動云々よりもむしろ、島の人々の生活の有り様やおじいさん、おばあさんたちの
何気ない会話がとても印象に残り、いつか日時計でも上映したいと考えてきました。

今回は、ゲストに撮影を担当し、私も個人的に何度か仕事をさせていただいたことのある
気鋭の女性キャメラマン、大久保千津奈さんを迎え、撮影現場でのエピソードを語っていただきます。

大久保さんは地元TV局に出向している制作会社の社員です。
そんな立場の大久保さんがなぜ、「ナージャの村」などを手がける東京の有名な
インディペンデント系映画制作会社の作品にかかわるようになったのか?
TV制作と自主映画制作との間でどのような葛藤やモチベーションの変化があったのかなど
興味深いお話をお聞きします。この機会にぜひご覧いただきたいと思います。

※ちなみに、大久保さんはこの作品で昨年、第19回JSC賞を受賞しました。


〈作品紹介〉
1000年前、沖で難破した船を助けたことから
農耕がもたらされ、 子孫が栄え、
現在に至るまでいのちをつないできた小さな島がある。

山口県上関町祝島。
瀬戸内海に浮かぶこの島は、台風が直撃することも多く、
岩だらけの土地には確保できる真水も限られ、
人が暮らしやすい環境とは決していえない。
その中で人々は、海からもたらされる豊穣な恵みに支えられ、
岩山を開墾し、暮らしを営んできた。そして互いに助け合い、
分かちあう共同体としての結びつきが育まれた。
人間の営みが自然の循環の一部であることが、祝島でははっきりと見える。
「海は私たちのいのち」と島の人は言う。
1982年、島の対岸4kmに原子力発電所の建設計画が持ち上がった。
「海と山さえあれば生きていける。だからわしらの代で海は売れん」
という祝島の人々は、 以来28年間反対を続けている。
効率と利益を追い求める社会が生み出した原発。
大きな時間の流れと共にある島の生活。
原発予定地と祝島の集落は、海を挟んで向かい合っている。
1000年先の未来が今の暮らしの続きにあると思うとき、
私たちは何を選ぶのか。 いのちをつなぐ暮らし。

祝島にはそのヒントがたくさん詰まっている。


(問い合わせ)
球フィルムス 児玉公広
mail: shiho@orange.ocn.ne.jp
福岡市南区長住3-24-403
Tel 090-1515-3227  
[PR]
by akikomichi | 2012-03-11 11:15 | 日記 | Comments(0)