ざる法をどうにかしろ

中川少子化相は23日、読売新聞などとのインタビューで、日本で少子高齢化が進んでいることに関連し、「北欧諸国や米国は移民政策をみんな考えている。そういうものを視野に入れ、国の形を考えていく」と述べ、移民を含めた外国人労働者の受け入れ拡大を目指し、政府内に議論の場を設けることを検討する考えを示した。

 少子化対策だけで日本の人口減少に歯止めをかけるのは難しいとの認識を示したものだ。中川氏は「現状でも多くの外国人が実質移民という形で日本に入っている。どういう形で外国人を受け入れていくか議論しなければいけない時期だ」と語った。


読売〜〜〜〜〜〜〜〜〜

民主ははやくやめてくれ。
ひとであふれていて仕事もないというのに、いったい何を考えているのだろうか。

少子高齢化で税金の稼ぎ手がいると言いながら、在日の人が半島の親戚に送金しているという事実があれば一旦振り込んだ税金が戻ってくるという還付があると言われている、真面目に働く日本人をないがしろにしているざる法をそのままにしておいて、何を言っているのだろうか。
[PR]
by akikomichi | 2012-02-24 18:13 | 日記 | Comments(0)