北朝鮮と拉致の事情

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長には決定的な障害物が一つあった。生母・高英姫(コ・ヨンヒ)の出身地だ。「喜び組」の舞踊家として活動し、金正日(キム・ジョンイル)総書記の目に留まった高英姫は、北朝鮮で蔑視される在日同胞出身だった。
その間、北朝鮮当局は金正恩が後継者になっても生母への言及を避けてきた。しかし最近、高英姫を「平壌(ピョンヤン)の母」と呼び始めたのだ。
13日の労働新聞は2月16日の金正日の70回目の誕生日を控え、朝鮮作家同盟詩文学分科委員会の叙事詩「永遠なる先軍の太陽、金正日」を掲載した。「偉大な金正日の誕生70周年に捧げる」という説明とともに、金正日に対する称賛を込めた長文だった。
この長文では日本で生まれた高英姫が平壌出身になっていた。「今日も馴染みの野戦服を着て明るく笑っていらっしゃる(中略)」などの内容とともに「きらきら輝く星の光を踏まれながら、静かな月の光を踏まれながら、庭を散策された平壌のお母様の足音、金正恩同志の足音」という表現が使われたのだ。
「戦線にいる将軍様を待ちながら、お母様と一緒に明かした2月のその夜を私は忘れることができません」という金正恩の言葉と、「平壌の家族が受けるべき父の情と愛を私たちがみんな受けたんだ。私たち人民がみんな受けてきたんだ」などの内容も続く。北朝鮮が高英姫に堂々と「平壌の母」という呼称を使ったのは今回が初めて。
高英姫の偶像化作業は金正恩の誕生日と知られた1月8日に本格的に始まった。この日、朝鮮中央テレビが放送した金正恩の記録映画で「いつだったか、2月16日(金正日の誕生日)にも現地指導から帰らない将軍様(金正日)をお母様(高英姫)と一緒に夜通し待ったこともある」という解説者の説明が伝えられた。公式メディアを通して金正恩の生母に言及したのは初めてだったが、何気なく流れる短い説明という程度にとどまった。
間接的な方法も使われた。8日の労働新聞には、在日同胞女性が北朝鮮に移住してきた過程と、金正日の体制下で恩を受けて暮らしてきたという記事が掲載されたりもした。北朝鮮社会で「チェッポ」と呼ばれるほど蔑視された在日同胞が官営メディアに堂々と登場したのだ。高英姫の出身に関して沈黙してきた北朝鮮は結局、出身地を操作する方法を選んだとみられる。今後、北朝鮮の住民に高英姫についてどう説明していくかが注目される。
北朝鮮は金正日が現地指導に行く列車で亡くなったという事実を改めて強調した。今回の叙事詩には「私たち人民との約束を守るために強行軍列車を一瞬も止めずに走ってこられた方が、このように列車に乗った」とし「行ってはならぬ道と引き止める医者たちよりもよく知りながらも、将軍様が乗った12月の野戦列車」という文句が含まれた。
金晋希(キム・ジンヒ) 記者

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これは憶測に過ぎないので、実態を知りたいとせつに思うのであるが、日本で北朝鮮に拉致された方々の出自が最近とても気になる。

北の人は、これだけ高英姫はもとより日本で生まれた在日半島の人の出身の事実を隠す程、日本への差別があるとするならば、日本人そのものを拉致するのはもってのほかのような気がしたのである。

そもそも拉致被害の組織において、一部かもしれないが在日の人が蠢いていて、資金源として日本人の税金を使っていると言う話もちらほらあり、その実態が見えないところにこの問題のデリケートさがあるのではないか。

小泉さんも管さんも金丸さんも小沢さんも前原さんも辻元さんも、半島系の人と地縁、血縁なりの繋がりがあると言われているから、その拉致の交渉に関わる人たちはなんらかの思想心情民族の背景があるのは間違いないと思われるが、日本人に対しての配慮に欠けるのはいかがなものか。

戦後日本において、これまでずっと、在日の人たちによる在日の人の為の政策を隠れておこなっているとするならば、今まで隠れ蓑にされていた、多数の本当のことを知らされていない日本人に、その実情を説明し、その資金を使う根拠を述べ、承諾を得なければならない。

日本国民は、ただの金づるとしか思われていないとするならば、その現実を直視し変えていかなければならない。

そして、いまだに、日本人の大半が、半島の人たちの代理戦争を資金力調達の為に強いられ続けているとしたらおかしなことであると認識する必要がある。


同じ年頃の子どもさんもいると言う作家の柳美里等、どう思っているのか聴いてみたい気がする。

日本に居続ける理由は?
拉致被害者の実情を知っているのか?
拉致についてそもそもどう思っているのか?
民団新聞に紹介されたり、北朝鮮に渡って夏休みを過ごしその宣伝をするのはなぜか?
日本で差別されると言いながら、素朴だという祖国になぜ帰らないのか?
キリスト教徒であるとするなら、何派なのか?
そこでの活動内容はどういうものか?
日本での税金を一旦払い込むものの結局韓国等に親族がいてそちらに送金をしている事実があれば、その税金払い戻しを受けることが出来るのか、実際、出来るとして、どのようにその手続きをしているのか。
在日の人には日本人は知らない間に親に払われつづけていた在日の保護者への特別手当をもらっているとしたら、その根拠は一体どこにあるのか、考えたことがあるか?
選挙権はどうしているのか?
日本での地方参政権をどう考えているのか?
竹島問題について、どう考えているのか?
息子が韓国の投票権を得たとして、兵役につかなければならないとしたら、どうするのか?
日本の原発に関して、否を唱える多くの活動家に混じった在日の人たちは、祖国の原発推進の姿勢には、なぜ強く抗議しないのか。現地の新聞報道等によると、原発の売り込みのチャンス等と捉えているような記事もあるが。
通販生活等を手がける組織において福島等の現地の野菜を作る農家を売りたたき、手に入れたものを現地救済の為と通常の値段で売り、ぼろ儲けをしているという噂は本当か、あるいはその実態を知っているか等。
[PR]
by akikomichi | 2012-02-14 09:53 | 日記 | Comments(0)