~進化しすぎた音楽のそのまた先~より

ハイコレ114 ~進化しすぎた音楽のそのまた先~
CAST
ヒカシュー
nontroppo
電子たくあん
倉地久美夫
アダチ宣伝社

行って参りました。
ぞれぞれの方々のそれぞれの仕方で進化しすぎたということでしょうか。
それぞれ、もっと長く聞いていたかったのですが、さくさく進めておられて、それもまた音楽の楽しみ方かなと。

電子たくあんは細胞まで音でほぐしかいたいしそうなほとばしるおんりょう。

アダチ宣伝社は日本的すとりーとなまらいぶのすっきりとしたちんどんやさんの醍醐味。
あのどらのねはおちつくこどう、さっくすはやさしいおはやし、いちりんしゃはいったりきたりひとをとどめあんそくのちにかえす。

nontroppoはとろぴかるといいながら、あくまでブードゥーのくうかんの濃い影の色使いをふまえてのとろぴかる。おどるおどる、ブードゥーのらんぶ。

倉地さんのらいぶ、えりんぎのおにのうたよかったです。
ひまらやでにたひとをみたという。よかった。おれはひとりじゃなかった。
って聴きながら、その山の中をすささとすばやくかろやかにとびはねはしっているようなくらっちさんの幻影をみつけたきがしました。
いつも、どぎもをぬかれることをされるのですが、今回も、またネタ的な展開もあり、やはり、くらっちさん、進化し続けております。あたらしいのも聞いてみたかったです。次回はぜひぜひ。
外山さんとの掛け合いもすごくよいですが、いつかきくちせんせいとのとりおもお聞きしたいです。どうかわるのか。

ヒカシューは音そのものをうんではたのしんでいる、じぶんたちをも、よろこばせるためにおとをつくっていく、おとがみをめざしているようで、もっともっとしんかしていくことをよそうさせる、ときをこえたいがための音のようで、てるみんがそのさいたるものであろうが、くうきががっきの延長であることを実感させてくれるライブでありました。
巻上さんは、いぜん、詩のボクシングにも出ていらしたと、詩ボク主催者の楠さんがおっしゃっていたのをおもい出していましたが、詩のほうもまた進化されていくであろうと楽しみにしております。
[PR]
by akikomichi | 2012-01-30 12:08 | 日記 | Comments(0)