人形アニメーション

人形アニメーション作品を見る。

川本喜八郎作品群である。

人形美術について、佐々木幹郎さんの「人形記」で紹介されていた浄瑠璃人形の天狗屋と言う屋号を持つ阿波徳島の人形師吉岡久吉さんの作品にも通じる、阿波の鳴門のお弓の面影をみたようなてでめでられてつくりあげられた美しさ。

特に、「道成寺」では画面には見えない見えざる手を感じつつ拝見した。
そのみえない手とは時間をコマわりコマ送りした見えざる手でもあり熱でもあり。

じゃに化けるまでの女の執念を髪の乱れ流れる姿に走らせ、鐘に逃げ込ませるほどの熱は身を焦し灰になるまで終わることがないと言う蛇の教え。

「せるふぽーとれいと」は鬼とつぶし合いをする作者。作りつつつぶしつつを繰り返す土に粘度に白い鬼を見る。
それは作者の分身でもあり。


「詩人の生涯」も見てみたかったが。
たぶん、じゃのみちはへび。ということでしょうが、じぶんのしじんせいをまっとうすることで「おわり」にいたしましょう。
[PR]
by akikomichi | 2012-01-28 14:47 | 日記 | Comments(0)