小沢系議員の動きとして

 民主党の小沢一郎元代表は23日、自らに近い衆院当選1回の議員数人と衆院議員会館で個別に会い、地元を精力的に回るよう忠告した。通常国会は24日に召集されるが、衆院解散・総選挙に備えて議員としての本来の活動よりも選挙対策を優先するよう促した形だ。

 元代表は、若手らに「国会に居てもしょうがない」「党の部門会議に出てたって、国民は見ていないぞ」などとハッパを掛けた。元代表は、支持率が下がっている野田内閣の下での解散を否定する発言を繰り返しているが、解散含みの展開は強く意識しているようだ。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あなたがたが、地元を見ている訳でも、国の決めごとを真剣にしっかりしようとしている訳でもなく、自分の身の安全しか考えていないということはだいたい分かる気がしました。
[PR]
by akikomichi | 2012-01-24 08:10 | Comments(0)