遺伝子組み換え細菌を使って発酵させた添加物

 食品衛生法に基づく安全性審査を受けていない遺伝子組み換え細菌を使って発酵させた添加物「5’—イノシン酸二ナトリウム」と「5’—グアニル酸二ナトリウム」が大量に流通していることが5日、分かった。厚生労働省によると、添加物はそれぞれかつお節とシイタケの風味を出すため、たれやかまぼこ、ハムなどに用いられており、年600〜700トンが輸入されている。

 厚労省は添加物の販売取りやめを指示するとともに、安全性審査の手続きを開始。「海外では広く使われており、安全性に問題があるとの情報はない」として、審査を通るとの見通しを示した。

 厚労省によると、添加物は遺伝子組み換えを行った「コリネバクテリウム」の一種を用い、サトウキビを発酵させて製造したもので、細菌は取り除いてある。韓国の「チェイルジェダン」社のインドネシア工場で作られ、キリン協和フーズ(東京)など10社が2005年から輸入していた。これらの添加物を用いた加工食品の量は、年180万〜200万トンに上るとみられる。 

時事〜〜〜〜〜〜〜〜

知らないうちに食べているものに遺伝子組み換えがあるというおそろしさ。
[PR]
by akikomichi | 2011-12-05 20:36 | 日記 | Comments(0)