戸籍謄本や住民票の写しの不正取得事件

愛知県警捜査員らの戸籍謄本や住民票の写しの不正取得事件で、同県警に偽造有印私文書行使などの容疑で逮捕された東京都中野区、「プライム総合法務事務所」実質経営者の奈須賢二(51)、練馬区、司法書士佐藤隆(50)両容疑者らのグループは、全国各地の探偵事務所や調査会社から依頼を受け、不正取得を繰り返していた疑いのあることが分かった。

 プライムが不正取得した戸籍情報は少なくとも1万件に上るとされ、県警は、奈須容疑者らのグループに情報入手を依頼するルートが業界内に確立していたとみている。

 捜査関係者によると、依頼は、粟野貞和容疑者(62)が代表を務める横浜市の探偵会社「ガルエージェンシー東名横浜」に集約。粟野容疑者は写し1件につき、約1万円でプライムに取得を依頼していた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あなたの部屋が狙われてる!や盗聴調べます。
の探偵会社ポスティングが時々あるが。
たしか同じ系列のような。。。
それに関わる宣伝等を軽々しくしている人、場にも責任問題があると思われる。

「戸籍不正取得」とは、また、その奥にあるものに注視するべきものがあるということ。

ますます戸籍を不正取得し、仕事がないまま日本に入り込み、生活保護申請人が増えるとなれば、問題はこのままではすまされず(生活保護をもらいつつ隠れて仕事をしている人は存在している訳であり)、不平等となるのは確かであり、生活保護の実態を浮き彫りにしていく必要もあり、野放しにはできない切羽詰まったものとなるであろう。
[PR]
by akikomichi | 2011-11-14 07:58 | 日記 | Comments(0)