拉致問題の解決

民主党拉致問題対策本部長を務める中井洽・元拉致問題担当相は30日、首相官邸に枝野幸男官房長官を訪ね、政府が朝鮮学校の授業料無償化に向けた手続きを再開したことに抗議した。

 中井氏は「拉致問題に進展が見られない中、被害者家族の心情からも、北朝鮮に間違ったシグナルを送ることになりかねないという観点からも、極めて遺憾だ」と強調。枝野長官は「被害者の気持ちは理解できる。首相に伝えたい」と応じた。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜


自民党の文部科学・外交部会・拉致問題対策特別委員会は31日、合同会議を開き、政府が朝鮮学校の授業料無償化手続きを再開したことについて、即時撤回を求める決議を採択した。1日にも政府に申し入れる。

 政府は再開理由について「(北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃した)昨年11月以前の状況に戻ったと判断した」としたが、決議文は「いかなる理由か明確な説明がない」と批判した。 
[PR]
by akikomichi | 2011-08-30 17:47 | 日記